サイトマップ        コンテンツ

会社設立の通知

会社設立の通知について

会社を設立した後に、一番最初にやらなければならないことは、会社設立を取引先などに知ってもらうことです。特に、取引先やこれから取引先や顧客となる可能性がある法人や個人に、会社を知ってもらえなければ、取り引き自体が開始しません。
また、会社設立直後から、人を雇用している場合には人件費、オフィスを賃貸している場合には賃料など、様々な固定費などの必要経費がかかります。売上があってもその代金が入金されない限り、毎月資本金が減っていってしまいます。会社としての事業の取り引きを、会社設立後すみやかに開始できるためには、取引先に会社を設立したことを知ってもらう必要があります。このためにも、会社を設立する場合には、設立後すぐに取引先などへ通知できるように、事前に通知の準備をしておく必要があります。

会社設立の通知のタイミングは、法務局での会社登記を完了した後、できるだけ早い時期に行います。会社設立の手順としては、会社の定款を作成し、その定款を公証人役場で認証を得ます。その後、会社の資本金の払い込みをし、法務局で会社設立の登記をします。

会社設立の通知をする場合には、いつ会社を設立したのか、会社の屋号は何というものか、会社の事業はどのようなものかを明記しなければなりません。会社を設立した日付に関してですが、法務局で会社設立の登記した日付になります。そのため、会社設立の通知は、会社設立の登記を行った日以降に、設立の知らせを取引先などに送付することになるのです。

会社の設立には、多くの手間と時間がかかります。このため、会社を設立し登記した後、すぐに会社を設立したことを知らせるためには、設立前からの準備が必要になります。会社の設立の挨拶状を作成するサービスを利用することも可能です。しかし、会社の設立時には、様々な費用がかかりますので、なるべく費用がかからないようにします。

設立の日付と同様に重要なのが、会社の屋号と呼ばれている会社名です。設立した会社の屋号が分からなければ、取引先などに設立を知らせても、何の意味も持たなくなってしまいます。

この他には、会社を設立した記念パーティーを催すことも、会社の設立や屋号、事業内容を多くの関係者や取引先などに具体的に知ってもらう重要な機会となります。その際に自社の事業の業界関係者で著名な人をゲストとして招くことができれば、そのゲストにスピーチしてもらい、会社を宣伝する効果もあります。