サイトマップ        コンテンツ

類似商号調査は専門家に

会社設立の類似商号調査は専門家に任せる

商号というのは、会社にとって非常に重要なポイントです。
会社の顔となる部分でもありますから、会社設立をする前から商号を考えている人も多いでしょう。

いろいろと考えて、絶対にこの商号にしたいと考える人もいるはずです。
しかし会社設立をするときには、類似した商号がすでにある場合は、認められないこともあります。

ですから、自分が考えていた商号を使えないこともあります。
認められない場合とは、同一の住所で同じ商号がある場合です。
しかし、会社設立でこのパターンが当てはまる可能性は、ほとんどありません。
よほど有名な住所にありきたりな商号でなければ、認められることは多いでしょう。
ですが、同一の住所でなくても、同じ市町村で商号が同じ会社がすでにあると混同される可能性が高いです。
また同じ市町村でなくても、日本に同じ商号があると混同される可能性はあります。

最近はネットで会社名を検索して調べることがありますから、住所が離れていても影響を受けることはあるのです。
また、同じ商号でも住所が別なら会社設立することはできますが、類似の事業をおこなっていると住所が別でも同じ商号だと認められることはありません。
このパターンで認められないのは、不正競争防止法などに違反する可能性があるからです。

会社設立をすると相手の会社から訴えられる可能性がありますから、避けるべきでしょう。
こうしたトラブルを避けるために、会社設立をすると類似商号調査をおこなうことになります。
同一の住所で同じ商号がないかを調べて、同じ市町村内にもないか調べます。
さらに日本全国も調査対象として調べ、同じ商号で類似の業種の会社がないかも調べていきます。
調べるのは、会社設立で使用したいと考えている商号だけではありません。
商号が似ていると混同されることもありますから、似たような商号も使われていないか調べていきます。

このように会社設立の類似商業調査は、かなり面倒な作業といえるでしょう。
この類似商号調査は、自分たちでおこなうことが可能です。
しかし面倒な作業でもありますし、経験がない人がおこなうと、完璧に調べ上げることができないこともあるでしょう。

調査に穴があると後から問題になることもあるので、会社設立の商号を調べるときは専門家に任せるのが良いです。
経験が豊富な専門家が調べると、確実に調べ上げてくれるのでトラブルが起きることはありません。
会社設立の面倒な作業からも、解放されます。