サイトマップ        コンテンツ

起業前の基礎知識

起業前に知っておきたい会社設立の基礎知識

起業というと、会社設立をしてビジネスを始めること想像する人が多いでしょう。
しかし起業は、必ずしも会社設立をする必要はありません。
個人事業として起業をすることも、ビジネスでは可能です。
起業をする前には、会社設立をすべきか個人事業でおこなうかまず考えてください。

会社設立をした場合のメリットは、信用力が高くなることです。
個人事業主だと取り引きをしてもらえないことも多く、名刺を渡しても相手に信頼されません。
人材を募集しても、個人事業だと信用力が低いので人材が集まらないこともあります。

ビジネスの世界ではなによりも信用・信頼が大切ですから、会社設立を信用力を高めることは重要です。
形態が会社だと、特別な節税対策をおこなうことも可能です。
個人事業では認められていない節税対策もおこなえますから、同じ節税対策でも効果は高くなります。

さらに資金を調達するときにも、株式や社債を発行することができます。
個人事業だと借り入れしかできませんから、資金調達の手段が増えることによって、ビジネスにも良い影響を与えます。
デメリットとしては、費用や手続きの負担が増えることが挙げられます。

しかしこれらのデメリットは、メリットに比べると小さな物ばかりです。
会社設立の基礎知識を知らないと個人事業を選ぶかもしれませんが、基礎知識があればどちらが良いか判断することができるでしょう。
会社設立して起業をすることに決めたら、次に決めるのは設立する会社の種類です。

設立する会社には、株式会社や合同会社などの種類があります。
株式会社には合同会社より信用力が高く、資金調達もしやすいです。
合同会社の場合は、信用力は落ちますが経営の自由度はかなり高いです。
合同会社は株式会社よりも新しいので信用力は低いですが、有名企業が合同会社へと変更をしています。
今はまだ信用力が低いですが、数年後にはそのようなことはなくなるかもしれません。

種類を選ぶときには、それぞれのメリットを考えながら選ぶと良いでしょう。
株式会社は信用力が高く資金調達も用意なので、設立した会社を大きくしやすいです。反対に合同会社は経営の自由度が高いですから、自分お考えで経営することができます。企業をする際には、会社設立や会社の種類などさまざまなことを決めていかなければいけません。
今後の運命を左右する大きな選択となりますから、起業をするときには基礎知識を学んでから、その知識を生かしながら選択していきましょう。