サイトマップ        コンテンツ

会社設立の相談

会社設立の相談を法務局にする効果は?

日頃会社設立の際には多くの人は法律事務所や行政書士、司法書士などの法律や行政手続きのプロフェッショナルに相談するケースが多いですが、相談先はそれらの事務所だけではなく行政機関の一つでもある法務局からも様々なアドバイスをもらう事が可能です。

法務局では専門の相談センターを設けていますので平日であれば会社設立の手続きや注意点、そして必要な手続きに関してのアドバイスを適切にしてくれます。法律事務所との違いはいくつか有りますが、各種事務所は相談者の利益を守るために適切なアドバイスをしてくれる事は変わりありませんが、各種事務所と異なる点は費用がかかりませんので経済的な負担も無く役に立つアドバイスを提供してくれる事が大きな違いになるでしょう。

分かりやすく言いますと市区役所で様々なサービスの情報を得る様な感じで会社設立に必要な情報を得る事が出来ますし、法律事務所とは異なり利益は絡みませんので公平な情報を得られますので正しい決断をする上でもとても有効的な情報を得る事が出来ます。

会社設立は多くの費用もかかり一度踏み切ったら後戻り出来ない決断でもありますから、公平な目でアドバイスをもらえたり手続等のアドバイスも分かりやすく説明してもらえますので、費用を抑えて全部自分で会社設立の手続きを行いたい人にとっては大きな電話窓口になるのは間違いないと思われます。

どちらにしても会社設立の際には登記の手続きを行わなくてはいけませんので、登記の手続きなどに関してのアドバイスは各種事務所よりも詳しく必要な書類も有りますので、書類を送付してもらう事で手続きの上でもかなり効率的とも言えるでしょう。

そして法律のプロフェッショナルも多いですので、会社設立までの一連の流れや会社設立の際の注意点やメリットやデメリットに関しても聞き方次第で情報を得る事が出来ますので、話し方一つで各種事務所で聞けない様な貴重な情報も得られる事も有りますので一度は電話してみるのもいいかもしれません。

確かに各種事務所でも無料でアドバイスしてくれる事務所も多いですが手続きの代行の依頼をするとなると必ず依頼料は発生しますので、誰しもが会社設立の際には他にも経費がかかる部分も多いですので出来るだけ削れる経費は抑えたいのは当然の考えですので費用を抑えた会社設立を考えている人は法務局で相談して現実を教えてもらう事でそのアドバイスを参考にするのもいいかもしれません。

最新記事

  • 会社設立において国籍が問われるかについて 日本に在住する外国人の中には、日本国内で会社設立を行う人も居ます。 これは外国人でも会社設立が出来ると言う証でもあるわけです。 因みに会社設立というのは、会社の憲法とも呼ばれる定 …

    会社設立においての国籍